シリカバナー

話題のシリカとは

身体を形成する上で重要な役割を果たす成分にミネラルがありますが、その成分の1つにケイ素というものが含まれています。ケイ素とは地殻中に多く存在している元素のことで、シリカとも呼ばれます。シリカ(=ケイ素・珪素)は骨、毛髪、血管など様々な部位に含まれており、なかでも一番多く含まれているのが皮膚です。

※原液を1日2mlご使用された場合。

葉緑素(クロロフィル)研究の歴史は古く、1818年Pellatierらが植物から抽出した緑色色素をChlorophyllと命名したことに始まり、1913年Willstätterはクロロフィルの分子構造を明らかにし、1915年にはノーベル賞を受賞しました。

葉緑素(クロロフィル)は第2次世界大戦中、その薬理効果に注目した米国で負傷兵の治療に使用されました。この時、葉緑素(クロロフィル)に脱臭作用のあることが発見されました。以後、葉緑素(クロロフィル)の薬理効果について多方面で研究されるようになり、数多くの作用が確認されています。

葉緑素(クロロフィル:Chlorophyll)は「葉緑素」という別名の通り、植物の葉などに含まれる緑色色素です。 植物では細胞内のクロロプラスト(葉緑体)にあり、太陽光をエネルギー源として、水と空気中の二酸化炭素から糖などの有機物を合成す る「光合成反応」を行っているのは良く知られています。葉緑素(クロロフィル)とは、多くの動物の血液に含まれる赤色色素(ヘム)と極めて似た構造を持っており、どちらも生命維持に不可欠であるという点で、非常に興味深い物質といえます。

一般に葉緑素(クロロフィル)という場合、葉緑素(クロロフィル)類に対する総称を指しますが、葉緑素(クロロフィル)には多くの類似体が存在し、高等緑色植物や緑藻などはChlorophyll a とbを含み、褐藻、ケイ藻などではChorophyll aとc、紅藻ではChorophyll dを含むことが知られています。

※原液を1日2mlご使用された場合。

葉緑素(クロロフィル)研究の歴史は古く、1818年Pellatierらが植物から抽出した緑色色素をChlorophyllと命名したことに始まり、1913年Willstätterはクロロフィルの分子構造を明らかにし、1915年にはノーベル賞を受賞しました。

葉緑素(クロロフィル)は第2次世界大戦中、その薬理効果に注目した米国で負傷兵の治療に使用されました。この時、葉緑素(クロロフィル)に脱臭作用のあることが発見されました。以後、葉緑素(クロロフィル)の薬理効果について多方面で研究されるようになり、数多くの作用が確認されています。

葉緑素(クロロフィル:Chlorophyll)は「葉緑素」という別名の通り、植物の葉などに含まれる緑色色素です。 植物では細胞内のクロロプラスト(葉緑体)にあり、太陽光をエネルギー源として、水と空気中の二酸化炭素から糖などの有機物を合成す る「光合成反応」を行っているのは良く知られています。葉緑素(クロロフィル)とは、多くの動物の血液に含まれる赤色色素(ヘム)と極めて似た構造を持っており、どちらも生命維持に不可欠であるという点で、非常に興味深い物質といえます。

一般に葉緑素(クロロフィル)という場合、葉緑素(クロロフィル)類に対する総称を指しますが、葉緑素(クロロフィル)には多くの類似体が存在し、高等緑色植物や緑藻などはChlorophyll a とbを含み、褐藻、ケイ藻などではChorophyll aとc、紅藻ではChorophyll dを含むことが知られています。

※原液を1日2mlご使用された場合。

  • どのように飲めばいいですか?

    いつ、どのようにお飲みいただいても結構です。

    飲料水、緑茶、紅茶、ジュース類、青汁、コーヒー、アルコール又はサラダドレッシング、スープや料理などに適量入れてお召し上がり下さい。

  • 目安量よりも多く摂ってもいいですか?

    目安量より多く摂っても大丈夫です。

    ご自身に合った目安量を毎日お続けいただくことでお役立ていただきたいと考えております。

  • 複数の健康食品を一緒に摂ってもいいですか?

    成分が重複する場合もございますので、お問い合わせください。

    複数の健康食品をお摂りいただく際には成分が重複する場合もございます。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • 薬を服用していますが、サプリメントを飲んでも大丈夫ですか?

    お薬を処方されている方、通院中の方は、お医者様とご相談ください。

    ご病気の治療中の方、お薬を処方されている方は、医師に健康食品を利用している事を知っていただくことが大切です。ご相談いただく際にお持ちいただける資料を準備しております。資料の請求やご不明な点は、ドクター104お客様センターまでお気軽にご連絡ください。

  • 食品アレルギーを持っていますが、飲んでも大丈夫でしょうか?

    商品の原材料をご確認ください。

    商品などをご確認いただくか、それでもご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • 飲み始めてから、体調が悪くなったのですが、どうすればいいですか?

    ご体質やご体調によっては、まれにお身体にあわない場合があります。

    ご体質やご体調によっては、まれにお身体にあわない場合があります。その際は、ご利用をお控えくださいますよう、お願いいたします。気になることがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。

  • どのように保管すればいいですか?

    ウモグリーンは必ず冷蔵庫または冷暗所に保存して下さい。

    天然葉緑素は直射日光や高温多湿な場所では品質の劣化を招くことがあります。原材料由来の成分が沈殿することがありますが、品質には問題ありません。
    ウモは高温多湿及び直射日光を避けて保管してください。

  • ウモグリーンをお肌につけることはできますか?

    ウモグリーンはお肌のお手入れにはご使用にならないで下さい。

    ウモグリーンはお肌につけますと緑の色素が沈着する場合がございますのでお肌のお手入れにはご使用にならないで下さい。
    お肌のお手入れには無色透明の水溶性珪素ウモ(希釈水)のご使用をおすすめします。
    ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

  • ウモとウモグリーンの違いは何ですか?

    ウモグリーンは、ウモに葉緑素濃縮溶液などをブレンドしたものです。

    ウモに葉緑素濃縮溶液、緑茶抽出エキス濃縮溶液、桑葉抽出エキス末をブレンドしたものがウモグリーンです。
    ウモは無色透明な水溶性珪素濃縮溶液なので様々な用途にお使いになれます。
    ウモグリーンは飲用を中心とした商品です。

  • ウモグリーンS(ストロングタイプ)とウモグリーンL(ライトタイプ)の違いは何ですか?

    大きな違いは葉緑素の量です。

    ウモグリーンSは葉緑素があふれるほど入っています。希釈後も実際に葉緑素が油滴の様にあらわれます。
    ウモグリーンLは葉緑素をやや控えめにしたすっきりタイプです。
    初めてウモグリーンシリーズをお飲みになる方は、ウモグリーンL(ライトタイプ)からがおすすめです。

  • ウモには、ナトリウムが含まれていますが、塩分の摂取過多にはなりませんか?

    ナトリウム=食塩(塩分)ではありません。

    ナトリウムとは、食塩に含まれる成分の一部のことです。
    ウモには、100ml中587㎎のナトリウムが含まれています。
    ナトリウム587㎎は、塩分に換算すると、1.49gになります。
    ※換算式:ナトリウム<㎎>×2.54÷1,000=食塩相当量(g)

    ウモ50mlには0.745㎎の食塩相当量が入っている計算になります。
    ウモ50mlを7日間で飲む場合、一日当たりの食塩相当量は0.106gです。
    そして、WHO(世界保健機構)が定める一般成人の食塩接種目標量は5gです。

    つまり、かなりの量のウモを摂らない限りは塩分過多になることはございません。
    ご参考になさって下さい。


    (ちなみに、ウモグリーンLは、100ml中に498㎎、ウモグリーンSは100ml中に425㎎のナトリウムが含まれていますので、50mlを7日間で飲む場合、一日当たりの食塩相当量は、Lは0.093g、Sは0.07gとなります。)

  • ウモの珪素含有量はどのくらいですか?

    ウモ500ml1本に「9.3g~11g相当の珪素」が含まれています。

    水溶性珪素ウモの成分表示は、日本食品分析センターでのデータをそのまま表示しております。
    よって珪素の場合は ppm という濃度表示となっております。

    ウモの珪素濃度は、8,000~9,500ppmです。
    一般的に 1ppm=1㎎/L ですから、8,000~9,500㎎/L となりますが、珪素の比重は2.33(Wikiより)とありますので、
      8,000×2.33=18,640mg/L
      9,500×2.33=22,135mg/L
    つまり、ウモ1リットルあたりの珪素の重量は18,640~22,135mgとなります。
    (ウモ500ml1本には、9.3g~11gの珪素が含まれています)

特定商取引に基づく表記

  • 各種クレジットカードがご利用可能。
    代引引換の場合は、商品お届け時に引換払い。(代引き手数料無料)
    コンビニ後払い
  • 商品はお申し込み日から1週間前後でお届け致します。
    送料は全国一律540円(税込)を頂戴しております。11,000円(税込)以上ご購入のお客様は全国送料無料
  • 商品到着後30日以内ならOK。
    お届けした商品が破損等の場合は、弊社負担にてお取替え致します。(返品にかかる送料も弊社が負担致します。)
    お客様都合による返品の際の送料はお客様負担にて承ります。
  • ■お問い合わせ先
    株式会社ドクター104
    フリーダイヤル:0120-39-1071
    fax:092-288-9826
    ■営業時間について
    平日 9:00~18:00
    土曜 9:00~17:00
    休日:日・祝日