葉緑素(クロロフィル)研究の歴史は古く、1818年Pellatierらが植物から抽出した緑色色素をChlorophyllと命名したことに始まり、1913年Willstätterはクロロフィルの分子構造を明らかにし、1915年にはノーベル賞を受賞しました。

葉緑素(クロロフィル)は第2次世界大戦中、その薬理効果に注目した米国で負傷兵の治療に使用されました。この時、葉緑素(クロロフィル)に脱臭作用のあることが発見されました。以後、葉緑素(クロロフィル)の薬理効果について多方面で研究されるようになり、数多くの作用が確認されています。

葉緑素(クロロフィル:Chlorophyll)は「葉緑素」という別名の通り、植物の葉などに含まれる緑色色素です。 植物では細胞内のクロロプラスト(葉緑体)にあり、太陽光をエネルギー源として、水と空気中の二酸化炭素から糖などの有機物を合成す る「光合成反応」を行っているのは良く知られています。葉緑素(クロロフィル)とは、多くの動物の血液に含まれる赤色色素(ヘム)と極めて似た構造を持っており、どちらも生命維持に不可欠であるという点で、非常に興味深い物質といえます。

一般に葉緑素(クロロフィル)という場合、葉緑素(クロロフィル)類に対する総称を指しますが、葉緑素(クロロフィル)には多くの類似体が存在し、高等緑色植物や緑藻などはChlorophyll a とbを含み、褐藻、ケイ藻などではChorophyll aとc、紅藻ではChorophyll dを含むことが知られています。

本冊子利用上の御注意

本文献紹介はクロロフィルの効果に関する情報を提供し、便宜を図ることを目的としています。本文献紹介の取扱いにつきましては、十分に御注意願います。なお、本文献紹介の利用によりいかなる損害が生じても、弊社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承下さい。

本文献紹介では、文献の表記方法を次の様に統一いたしました。それ以外の部分は原文のまま掲載しています。

(表記例)

○ Copper chlorophyllin as deodorant …①
R.M.Hainer:Science,119,609~610(1954)…②

・K Cu cholorophyllinの懸濁液の脱臭能力についての研究。…③

・種々の悪臭についての脱臭効果が研究されている。

①表題、②著者・文献、③内容の簡単な説明

脱臭作用

創傷、潰瘍等の治療実験を行った多くの人びとは、殆んど例外なく、葉緑素に強力な脱臭作用のあることを認めている。患者自身はもとより廊下を通る人びとにまで嫌悪感を抱かせるような悪臭が、短時間に消失したという報告もあるが、特に脱臭作用を主眼とする研究も下記の人びとによって行なわれた。

lt.Col.W.F.Bowers:Am.J.Surgery,73,37(1949)

  • 葉緑素を使用し始めて最初に観察されたことは、悪臭が直ちに消失したことであった。数カ月にわたって排膿と悪臭を続けていた患者が、急速な経過を辿って軽快した。

T.Howerd Wescott:N.Y.State J.Med.,50,698(1950)

  • 試験管内で酸性、アルカリ性何れの場合も悪臭を発する物質を中和する効果がある。
  • 生体実験では飲食物、煙草および新陳代謝による口臭を除去する。
  • 発汗病気に基因する悪臭、足の悪臭、月経臭、尿臭、腋臭(わきが)を効果的に中和する。

The deodorant"Chlorophyllin"H.W.voigtlander,H.M.Henning:Arzeimittel Forsch,3,182(1950)

  • ・一般にクロロフィリンという名で販売されている製品は、クロロフィルaおよびbの分解物の数種の混合物であってたいていのものはクロリン型である。(クロロフィリンという名称は科学的には正しいものではなく、こういう名の単一化合物を製造する事は不可能である。)
  • ・この論文では、上記のような製品中に含有される有効成分について物理的あるいは化学的分析の結果が論じられている。
  • ・吸光分析の測定値は窒素分析のそれとかなり異った結果を示す。
  • ・数種の製品について、種種の細菌培養の悪臭に対する脱臭能力を検査した。
  • ・最も効果のあったのが純粋なクロロフィルaおよびbであり、クロリンe6のNa塩も同様の効力を有するが、ロデンg7はかなり劣る。
  • ・銅を導入すると色の安定度は増すが、脱臭効果は弱まる。

Pros and Cons of Chlorophyll as adeodorant
Milton A. Lessr:Drug & Cosmetic Ind.,71,30~31,128~183(1952)

  • ・クロロフィルの脱臭効果について、43の実験例を挙げて肯定的な立場と否定的な立場からそれぞれ論じてある。

Freshening of air Air Chem.Inc.(Guy S Pacchal Inoventor)Ger.Pat.810,710(6 Aug 1951)

  • ・炭素数6~20の脂肪属アルコールまたはアルデヒド(0.1~0.25%)とクロロフィル(約0.2%)との混合物を20%アルコールに溶解したもの。防臭剤として出願。

Chlorophyllin in internal medicine H.Howard westcott:Drug & Cosmetic Ind.,72,403~409(1953)

  • ・20症例について呼気の脱臭、全身脱臭および抗アレルギー的用例が報告されている。

Bacteriological contribution in the mechanical action of chlorophyll in deodorizing
E.V.Wasielsky,A.Albrecht:Z.Hug.Infectionskrankh,136,141~158(1953)

  • ・クロロフィルは、試験管内では強い臭(発生源が有機物の場合でも無機物の場合でも)を消す能力はない。しかしながらクロロフィルの存在によってBacillusの新陳代謝の過程に変化を生じ、硫化水素、アンモニア、スカトール等の発生が減少する。
  • ・数種の物質について定性的および定量的に実験した結果、クロロフィルは一連の酵素の作用を阻害することが明らかとなった。

An analysis of chlorophyll problem Arther H. Bryan,:Drug & Cosmetic Ind.,72,612~613,706~713(1953)

  • ・クロロフィルの性質およびその化学、家畜治療剤および殺菌剤としての用途、治癒促進剤としての用途、局所用法、体臭除去剤としての用途および技術的な問題について論ぜられている。
  • 実験によればクロロフィルは、試験管内では脱臭作用は全く示さないか、あっても僅かのものに過ぎないが、体内では明らかな脱臭作用を示す。
  • ・クロロフィルの殺菌作用および静菌作用は著しいものではない。
  • ・クロロフィルの創傷治癒促進作用については、末だ明確にされない点が残っている。
  • ・クロロフィルの5~10mgを含有する歯磨、菓子等を連用すれば、口臭及び歯の悪臭を消すことができる。
  • ・大抵の動物の口臭、体臭および発情期の牝犬の臭も100~200mgのクロロフィルの投与で消すことができる。
  • ・人間の体臭も100~200m目の投与で消される。効果は服用後4~6時間で現われる。
  • ・体内のクロロフィルの作用は多分に選択的であるため、個人差もかなり見られる。
  • ・スポーツを行なう場合等には、1~ 2時間前に100~ 200mを服用すれば発汗による悪臭を予防することができる。

CttorOphyll as a deodorant
H.v.Czetch Lindenwald,G.Muller:Deup.Apoth.Ztg.,93,24~25(1953)

  • ・84例による論述。

Copper chlorophyllin as deodorant
R.M.Hainer:Science,119,609~610(1954)

  • ・K Cu chlorophyllinの濁液の脱臭能力についての研究。
  • 種々の悪臭についての脱臭効果が研究されている。

Alkohol breath tests and breath deodoraton by chlorophyll derivatives
Leon.A.Creenberg′David Laster:QuartJ.Studies Alc.,15,16~20(1954)

  • ・クロロフィリン10mgの注射はウィスキーを飲用した人の呼気および血液中のアルコールの量に何等影響を与えない。
  • クロロフィリンを用いることによっても、ビール飲用後の呼気および血液中のアルコール量を減少させることはできない。
  • ・アルコール性飲料の飲用後の呼気臭は,各飲料に独特な芳香性物質に帰因するものであり、クロロフィリンによってビールによる呼気臭が消失するのは、この芳香物質を中和するためであって、アルコールを消すものではないと思われる。

Effecuveness of some chlorophyll derivate市s in the control of canine mouth orders
W,E.Beggs:J.Small Animal Med.,1.215~219(1952)

  • ・15種のクロロフィル誘導体について、犬の強い口臭に対する脱臭効果を検定した。
  • 径目的に使用した場合、Na-Mg chlorophyllin(27%)Na-Cu chlorophyllin(100%)が最も効果的であった。

ChlorOphyll H.Ghosh,K.B.Dutt:Science and Culture(India),19/25(1953)

  • ・クロロフィリンは蛋白質加水分解物および汗に対しては脱臭効果を有するが、asafoetida(アギの樹脂)P-トリールアセテート、ヒドロキシシトロネラール、アミルシンナムアルデハイド、メントール、シトロネロール、コノン、チモールに対しては無効である。

Effectiveness with chlorophyll as a deodorant
Hans Schwarz:Seifen Ole Fetten Wachse,80,258(1954)

  • ・クロロフィリン水溶液は十分に時間を経過すれば、イヒチォールおよび魚の臭を除くことできる。

Deorizirlg action of chlorophyll
P.Niccolini:Boll Soc.ItalBiol.Sper.,28,978~979(1952)

  • ・普通のクロロフィルの試料について、asafetida、シトラールのアルコール溶液(10%)、フェネチールアルコールの10%アルコール溶液に対する脱臭効果をしらべた。
  • ・クロロフィリンaの含量と脱臭効果との間に関係はない。

Deodorant
Flanklin Ho Wescott
U.S.Pat.2,794,762(4 Jun 1957)

  • ・クロロフィリンを含む脱臭剤の処方。

その他

Treating cacao seeds
Wm J.Hale
U.S.Pat.2,813,795

  • 乾燥カカオ豆にクロロフィリンの水溶液を浸みこませ(0.02~2%)最高200°Fで焙煎することにより、ココア、チョコレート及びココアバターの品質を改善した。

Improbing aroma of roasted coffee
Wm J.Hale
U.S.Pat.2,824,805(25 Feb 1958)

  • 緑色ブラジルコーヒー豆1ポンドにつき0.7gのクロロフィリン水溶液を加え、乾燥後400~410°Fで焙煎するとコーヒーの香りを高度に改善することができる。

Metabolism of yeastl.Action oF plantporphyllins on the multiplicadon of yeast cells
A.Konsanszky:Scheweiz.Z.allgem.Pathol.n.Bakteriol.,22,515~518(1959)
U.S.Pat.2,824,805(25 Feb 1958)

  • 合成培地に培養した酵母の量及びエルゴステロール含量は、クロロフィリン添加により約2倍に増加した。

ProtectiOn of antibiotic Pilnaricin frorrl oxdation and ultraviolet light by chlorophyllin
and other compounds
J.Dekker/Peter A.Ark:Antibiotics&Chemotherapy,9,327~332(1959)

  • ピマリシンは日光や空気中の酸素によってその効力を失うが、1000ppmのNa-Kクロロフィリン、その他の添加により防護することができる。

後 記

葉緑素の卓抜した諸効果が次第に明らかにされ、その応用範囲も拡がって来るにつれて、葉緑素に関する文献を紹介して欲しいという声をしばしば耳にするようになりました。弊社に於いてはこの要望に応えて,内外の諸文献を渉り、諸賢の御参考になりそうな文献―主として応用方面に関する報告を集めその主旨を略述した「葉緑素の効果に関する文献紹介」を贈ることにしました。完壁というわけには参りませんが、一応各科領域を網羅しているつもりであります。何かのお役に立てば幸甚に存じます。

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

  • 各種クレジットカードがご利用可能。
    代引引換の場合は、商品お届け時に引換払い。(代引き手数料無料)
    コンビニ後払い
  • 商品はお申し込み日から1週間前後でお届け致します。
    送料は全国一律540円(税込)を頂戴しております。11,000円(税込)以上ご購入のお客様は全国送料無料
  • 商品到着後30日以内ならOK。
    お届けした商品が破損等の場合は、弊社負担にてお取替え致します。(返品にかかる送料も弊社が負担致します。)
    お客様都合による返品の際の送料はお客様負担にて承ります。
  • ■お問い合わせ先
    株式会社ドクター104
    フリーダイヤル:0120-39-1071
    FAX:092-288-9826
    ■営業時間について
    平日 9:00~18:00
    土曜 9:00~17:00
    休日:日・祝日